大人なら知っておきたい!最近人気の葬儀の形

家族中心で細やかに送る家族葬

家族中心で細やかに送る家族葬の写真

70代、80代、90代を過ぎると、現役で働いていた頃に比べると交友関係も減少していますし、兄弟や従兄弟などの身内も減少しています。

お子様や孫などの近親者だけで、アットホームな雰囲気のお葬式をしたい人には家族葬がお勧めです。

家族葬はお通夜と告別式の両方を行うことが多いので、僧侶に丁寧な読経が受けられますし、故人と親しい関係の友人や知人にも参列してもらえます。

一般葬に比べると参列する人の数が少ないので、食事の手配や返礼品などの負担が少なく、費用を抑えることができます。

使用する祭壇の種類や宗派、住んでいる地域によっても、平均的な費用の相場は違ってきますが、80万円から、120万円前後になっています。

地元で評価の高い斎場を選ぶと平均的な相場でお葬式ができるので、費用の面でも安心できます。

家族中心のお葬式なので温かみが感じられますし、専門業者のスタッフが様々な雑事を代行してくれるので、最期のお見送りを丁寧にできるなどのメリットがあります。

お通夜と告別式の両方を行うので、家族も気持ちの整理が付きやすいなどの特徴があります。

信頼できる葬儀社を選ぶと、親切で丁寧な応対が特徴になっており、遺族や喪主、家族などの疲労を取るために休憩所や清潔なトイレ、シャワールームなども完備されています。

地元で評価の高い専門業者を選ぶとバリアフリーの設備が整っており、高齢者も参列がしやすいのが特徴です。

障害者用トイレや駐車場も完備されています。