大人なら知っておきたい!最近人気の葬儀の形

一般葬は昔から行われてきた一般的な葬儀のかたち

一般葬は昔から行われてきた一般的な葬儀のかたちの写真

昭和の時代から平成の初め頃は、一般葬によるお葬式を行うご家庭がほとんどなので、遺族や家族、親戚の人はもちろん、会社関係、友人、知人などの多くの人に参列をしてもらっていました。

一般葬はお通夜と告別式の両方を行うのが特徴になっており、使用する祭壇も希望に合った商品を選ぶことができますし、2日間僧侶の丁寧な読経が受けられます。

お通夜と告別式の両方を行うので、食事の手配をしたり、返礼品などの費用は必要になりますが、丁寧な読経を受けたり、供養をすることで気持ちの整理が付きやすいなどのメリットもあります。

一般葬による葬儀を行った後は、四十九日の喪が明けると参列者に感謝の気持ちを伝えるために、満中陰志を送るのが一般的です。

ほとんどの葬儀社では伝統的なお葬式に対応をしているので、幅広い年代の人にお勧めのスタイルです。

現代は費用を掛ける所にはお金を遣い、無駄な所は省くのが一般的になっています。

火葬場と隣接している専門業者を選ぶと、マイクロバスを手配する必要がないので、費用を抑えることができますし、高齢者や体の不自由な人も移動の負担が少ないのが特徴です。

伝統的なお葬式のスタイルなので、平成になった現代でも希望しているご家庭が多いのが特徴です。

友人や知人、会社関係の人にも参列してもらえますし、香典を受け取ることもできます。

昔からの伝統的なお葬式のスタイルなので、これからも廃れることはないと考えられます。