大人なら知っておきたい!最近人気の葬儀の形

身体的負担が少なく一日で終われる一日葬

身体的負担が少なく一日で終われる一日葬の写真

高齢者などの介護をしていた人は、精神的、肉体的に疲労を感じている人が多いですが、家族が亡くなるとお葬式の手配をしなければなりません。

一日葬はお通夜を行わず告別式だけを行うお葬式なので、精神的、肉体的な負担を減らすことが出来ますし、家族葬や一般葬に比べても費用を抑えることが出来るなどのメリットがあります。

専門業者に遺体を安置してもらう場合は、ドライアイスや設置の手数料などが発生するので、2日分の料金が発生することが多いです。

お通夜を行わないで告別式を行うのが一般的ですが、僧侶による丁寧な読経が受けられますし、家族や遺族、喪主、一般参列者もお焼香ができます。

住んでいる地域や宗派参列する人数によっても、多少は料金が違ってきますが、60万円から80万円ぐらいの予算でお葬式ができるのが特徴です。

家族が亡くなると早朝や夜間でも、スタッフが自宅に訪問をしてくれるので、納得が行くまで打ち合わせができます。

お葬式は故人によって最期のセレモニーですが、お子様や配偶者、孫などの負担を減らしたい人が増加しています。

生前からもお葬式の相談ができるので、事前に電話を入れておくと、希望の日時にスタッフが対応をしてくれるので安心して下さい。

肉体的、精神的、経済的な負担を減らせるなどのメリットがあるので、希望をしているご家庭が増加しています。

費用を少し抑えてもアットホームな雰囲気の中で、心のこもったお葬式ができるのが特徴です。